膝の手術間際の方に丸太ヨガを体験していただきました。


yj この記事を書いた川村妙子プロフィールはコチラをクリック

yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

丸太ヨガの川村です。

今日のレッスンに

私のスタジオを利用して、

ZUMBAというダンスを教えている方が

体験に来てくれました。

以前から、膝を痛めていて

8月に『膝の手術をしなくてはいけない!』と

聞いていたので、

3か月前から

『丸太ヨガを体験してください!』 と伝えていました。

今日、やっと来ていただき体験をしていただきました。

ストレッチポールは、普段から利用して

ピラティスの指導もされているそうなのですが

『ストレッチポールと同じ形状でも

乗った感触がまるで違う!!』

この硬さが、何とも 『痛気持いい』とコメントしていました。

さすが、プロダンサーなので、

クラスが始まる前からのストレッチはすごくきれいでした。

私なんかより、柔軟性があって柔らかいのです。

そんなしなやかな彼女でも、

靭帯や腱を痛めているので、

緩めてあげるケアが必要だと感じました。

頑張り過ぎていると、いつか筋肉は切れてしまいます。

固くなったゴムは弾力が無くなります。

柔らかいゴム=筋肉は緩めてリラックスしないと再生しません。

今日は、感じていただいたことをアンケートに書いていただきました。


130728_2355~01.jpg 

レッスン終了後には、

『あんなに痛かった膝が、今は痛みを感じていません。』

と言ってくださいました。

ダンサーにとって、身体は資本です。

怪我をしたら、食べていけなくなってしまいます。

そんな、ダンスインストラクターをケアすることが

今の私のにとって必要とされている自分がいると思います。

なので、ダンサーで体を痛めて、

いろんなケアを体験した方も

一度、『丸太ヨガの体験をしていただいて、

少しでも、一日でもダンサーとしての寿命を長く

保てていただけたらと思っています。

踊ることが好きな人にとって

踊れなくなった時の苦しみは計り知れません。

翼をもがれた鳥のようなものでしょう。

その翼を飛べるように、もう一度、羽ばたけるように

していただけたら・・・・・・

そんな気持ちで、『丸太ヨガ』を指導しています。
 

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

marutabanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です