動画・写真解説

バランスボールを使って骨盤の動きを良くする9つの方法!(股関節痛にもオススメ)


yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

marutabanner

 

  バランスボールを使って骨盤の動きを良くする9つの方法!をお伝えします。

 

バランスボールは家に置いておくと結構場所を取りますので、
狭い家の方には、なかなか使用が難しいかもしれません。

私はスポーツクラブに入っているので、
行った日には必ず、バランスボールを10分間は使って骨盤の動きを良くするようにしています。
なかなかの優れものです。
また、これは股関節痛を抱えている方にもおすすめの方法です。

 

 1つ目の方法
・基本はボールの上部のど真ん中に骨盤の中心が乗るようにして座ります。
・足幅は、骨盤より少し広めに開きます。
・そして、骨盤を前後に動かします。
・最初は小さな動きからスタートします。
 慣れてくると、どんどん動かしやすくなってきます。
 回数も徐々に増やしていきます。

  2つ目の方法

・胸の前で手を組んで骨盤を左右に揺らします。

  3つ目の方法
・右回しに骨盤で円を描きます。(最初は8回くらい!慣れてきたら回数を増やしましょう)
・左側も同様に円を描くように動かします。
4つ目の方法
・身体をひらがなの『くの字』になるように背筋を伸ばして前傾姿勢になります。
・太ももの後ろ側(ハムストリング)がストレッチされて良く伸びてきます。
・元の姿勢に戻します。(何度か繰り返しましょう)
5つ目の方法
・身体をダラーンと前に倒して、肩の力を抜いてリラックスします。
・右の手で左の足首を掴むようにします。右の腰のあたりから肩甲骨・肩回りが良くストレッチできます。
・反対に左の手で右の足首を掴むようにして同様に行いましょう。
6つ目の方法
・身体をまっすぐの姿勢に戻し、膝を外に広めに開きます。
・骨盤を右にスライドして、左の足を伸ばします。(内腿の筋肉がとても良く伸びます。)
・反対に骨盤を左にスライドして、右の足を伸ばします。
7つ目の方法
・上体を右横を向くようにして、左足を後ろ側に引きます。(大転子が動き・鼠径部が良く伸びてきます。)
・反対に左横を向くようにして、右足を後ろ側に引きます。
挑戦できる方は、両腕を上に持ち上げてみましょう。
注意点:上半身は真上に引き上げて行うように意識してみましょう。
8つ目の方法
・胸の前で、手を組んで背中を丸めながら遠くに手を伸ばします。(目線はおへそを見るようにしてください)
・そのままダラーンと力を抜いて、肩甲骨を上下に揺すります。
・床に数字の『8の字』を横書きに書くようにします。(メビウスの帯と言った方がわかりやすいかも)
9つ目の方法
・手を頭の上で組んで、手のひらを上に返して、大きく上に引っ張ります。
・お腹の力が抜けないように下腹を引き締めてから腰骨・背骨をグーッと上に引っ張るように意識してみてください。

骨盤の動きが良くなり、股関節周りに柔軟性が出てきます。
また、肩甲骨を動かしやすくするのも股関節痛の方には必要なことです。

家に2個バランスボールがあるので、スタジオに持って行きます。
骨盤調整ヨガクラスで、使いたいと思います。

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内


 

 

maruta040
 


 もし体に痛みを抱えていたら、こちらでお話をお聞きします
 お電話とメールどちらでも可能ですよ

maruta001
 
※電話は出られないタイミングがあるので、その時はゴメンなさいね
maruta002
maruta003
→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

関連記事

  1. 動画・写真解説

    【動画解説】足裏のコリ・血行促進・疲れに丸太棒で青竹ふみ

    青竹ふみ、昔大流行しましたね。 丸太を使って土踏まずや踵の足裏…

  2. ダンサーに起こりうる怪我と対処方法

    【写真解説】ダンサーに多い坐骨神経痛の痛みを取る方法

    ダンサーに多い坐骨神経痛、痛くなってしまったら?私は、ダン…

  3. ダンサーに起こりうる怪我と対処方法

    【動画解説】ふくらはぎが硬い・コリがある方におススメ!簡単解消法を紹介

    ふくらはぎを自分でお金をかけずに簡単にほぐす方法!動画でお伝えしま…

  4. 動画・写真解説

    【動画解説】丸太を使って足裏、土踏まずの疲れを癒す方法を解説

    今日は、足の疲れを取る動画を載せました。 毎日立ち仕事で足が…

  5. 動画・写真解説

    【動画解説】腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方に 丸太でのこりほぐし方法

    昔、大流行した『金魚運動!』というのがあります。 私は、これに丸太…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP