足の裏のメンテナンス方法~立ち木のポーズをすると安定します。


yj この記事を書いた川村妙子プロフィールはコチラをクリック

yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

すっかり春めいて桜も満開の時期です。
木々も寒い冬からようやく暖かい春に向かって
すくすく成長していきます。

人間もこたつから足を出して、
動かしていなかった足の裏を動かしましょう。

 足裏3点で立つ意識を持つ

・足の親指の付け根部分『母指球』
・足の子指の付け根部分『子指球』
・踵
の3点で立つ意識です。
意外と捻挫癖のある方は、小指側に体重がかかっている方が多いですし
O脚の方が多いです。

その状態がずっと続くと
捻挫・O脚からくる膝の痛み・股関節の痛み・腰痛への原因にもなってしまいます。

足の裏のメンテナンス方法~立ち木のポーズをすると安定します。

足裏が硬くなったり、足首の動きが悪くなると
『立ち木のポーズ』は安定しません。
また、骨盤の歪みがあるのもバランスが取れないです。
まずは、足裏を安定させるために母指球に体重が
かかるようにしていきましょう。

 

 

 

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

marutabanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です