体験事例|腰と太ももの後ろ側のハムストリングがガチガチ


yj この記事を書いた川村妙子プロフィールはコチラをクリック

yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

本日も、男性がヨガ体験に来てくれました。
最近、新規で来ていただくお客様は、男性が多くなりました。

 身体全身が硬い・・・


この方の悩みは、『全身の身体が痛い・・・』とのことでした。
特に、『腰と太ももの後ろ側のハムストリング』が、
ガチガチになっているということでした。

 

 


今回、体験の申し込みをいただき、
もう少し、年配の方だと想定していたのですが、
見かけは、スポーツマンのような
『ガッチリした体育会系男子のイケメンさん』でした。

 職業からくる身体の使い方で、痛む箇所が違う!!

 

私は、必ず職業をお聞きするようにしてます。
右利き・左利きなども重要になります。
職業による癖や習慣が必ずありますので、
お話を聞いてから、アプローチを変えています。

この方は、
職業を聞くと、資材運搬の仕事をされていて、
学生時代は、野球をしてたとのこと。
私のクラスに来る男性の100%が野球経験者です。
これは、ビックリですね。
野球などの道具を使って、
ボールを打ったりする方って、
腰を痛めているかたが、
とても多いです。
野球に限らず、ゴルフ、テニスなどの道具を使って行う
球技を行うかたは、
腰に、衝撃を与えすぎて、負担をかけています。
いつも行っている動きの反対の動きを
するように指導させていただきました。

 職業病からくる身体の歪みや痛み!を見つけるようにしています。

職業病の方なども
実際にどんな職業かを聞いてから
対応させていただいています。
その人に合ったアプローチで、
痛みがなくなるように伝えさせていただいています。

10人いれば10人とも顔や声が違うように身体の状態も人さまざまです。

腰が痛いときは、
腰椎に効くヨガのポーズを行って、身体の感覚をお聞きします。
痛みや刺激の感じ方は、人それぞれに違いますから。

アキレス腱周りを緩めたり、肩甲骨のコリを取るようにして、
首の後ろをほぐすことが、オススメです。


このように自分で、治す方法を指導しています。
丸太棒と球体と紐を使ったり、
ご自身の手や身体を使って出来る
セルフマッサージの方法をお伝えしています。

 自分の身体を治せるのは、自分です。

 

 



私の今までに学んできて、伝えたい事は
★ 『自分の身体は、自分で治す!』
★ 『他人や薬に依存している限りは、治らない』
★ 『自分の身体を愛し大切にしてあげること』
大事な身体は、自分で守りましょうね。

身体のケアもそうですが、
呼吸方法や睡眠
食事療法・飲み物・心のありかたも大切で
トータルバランスで健康生活にならないと身体は良くならないです。

健幸生活を送りましょう。

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

marutabanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です