未分類

『体中が火あぶりの刑』にされるような線維筋痛症から回復した話


yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

marutabanner

私自身が40代後半から『体中が火あぶりの刑』にされているような
非常に辛い痛みを経験し
病院のハシゴをした時期があります。

sukagawa-taimatsu01
整形外科・婦人科・神経科・脳神経科・内科など・・・
他にも整体マッサージ・鍼・接骨院などにも
随分通いました。

時間とお金ばかりがかかり、その場では一時的にラクになっても
2・3日すれば、元の状態であちこちが痛い。
日々、痛みの箇所が転移して
自分ではどうしていいのかわからない状態でした。

どこの病院に行っても言われるのが、
『更年期障害・自律神経失調症』でした。

特に関節周りにひどい強張りや痛みがあったので、
もしかしたら『リューマチかな?』と思い
内科で血液検査をしてもらいましたが、
『リューマチ』ではないと言われました。

私は、このままどうなるんだろう?と不安な毎日で、
暗闇のどん底にいて、這い上がれない状態でした。

いろんな方に身体の悩みを相談してきて、勧められたのが
『ヨガがいいと思うよ!』という言葉でした。

それからは、いろんなヨガスタジオに通いながら自分の身体と向き合ってきました。
『自分の痛みを何とか治したい!』
ただ、それだけの思いでした。
ヨガのインストラクターやマッサージの先生に相談しても
自分の身体の悩みを解決してくれる答えが見つからず
『自分で学ぶしかない!』とヨガインストラクターの養成学校に通うことにしました。

・生理学
・解剖学
・栄養学
・呼吸法
・心の在り方
・ヨガ哲学や歴史

すべてが未知の世界であり、自分に足りていない知識を学ぶのに
『必然と導かれたこと』と認識させていただきました。

ヨガ養成講座終了後に
ある記事を発見しました。

日本テレビアナウンサー大杉君枝が、東京都渋谷区の自宅マンションから転落死した。
事件性はなく、飛び降り自殺とみられる。
大杉アナは出産後、線維筋痛症に悩まされていた。
記事はこちら
  ↓
https://matome.naver.jp/odai/2138068335065300801

線維筋痛症は中枢神経の乱れから?
  ↓
http://toutsu.jp/pain/senikintsu.html

この時に初めて『線維筋痛症』という病名を知ることになりました。
調べていくうちに私の身体の状態とドンピシャリだったのです。

そして、痛みがあるところを押してみると『コリコリしたシコリがたくさんありました。』

それが『トリガーポイント』と呼ばれているものでした。

『トリガーポイント』とは?
   ↓
http://trigger110.net/trigger-poin

『私がリサーチして府に落ちたこと!』

************************************
さんの記事から読んで
納得したことです。
   ↓

原因

線維筋痛症の原因はまだよくわかっていませんが、有力な説として、脳が痛みの信号を感じる機能に障害が起きていると考えられています。
脳には痛みの信号を伝える機能(アクセル)と信号を抑える機能(ブレーキ)が備わっていますが、
何らかの原因でこの機能に「誤作動」が生じ、ブレーキが効かない状態もしくはアクセルを踏み過ぎた状態になると、
通常では痛みを感じない程度の弱い刺激でも痛みを感じるようになります。
このように、脳機能の誤作動が痛みの原因であるため、線維筋痛症では痛みやこわばりなどの症状が見られる部位を検査しても、
異常は見られません。
こうした脳の機能の誤作動は、心理的・社会的なストレスや外傷がきっかけとなって発症する事が多いと考えられています。
ただ、ストレスを受けた人すべてが線維筋痛症を発症する訳ではなく、まだよくわかっていないことも多いため、
現在でもさまざまな議論・研究が行われています。

トリガーポイントが生じる理由、なぜできるのか?

『トリガーポイントが形成される要因は、主に「不動」と「使いすぎ」と考えられています。
長時間同じ姿勢を維持したまま動かさないこと、あるいは同じ筋肉を酷使すること(オーバーロード)によって
筋肉に微小な損傷や炎症が起こり、筋膜に癒着が起きます。そこにトリガーポイントが生じるのではないかと考えられます。

その他にも様々な原因があるともいわれていますが、正確にはわかっていません。
ただ、加齢によって体全体の水分が減ることで筋膜は癒着しやすくなります。
経験的には、40歳からトリガーポイントができやすくなると考えています。
栄養状態や糖質の過剰摂取も筋膜の癒着に関連がある可能性が報告されています。』

************************************

もともとが運動をすることが大好きな私でした。
そんな運動をした後に、クールダウンやストレッチをせず
翌日からは、会社で事務員をしていたので、
毎日10時間のデスクワークで座りっぱなしのお仕事!!
筋膜に乳酸が溜まり癒着が起きて、血液やリンパ循環が滞り
トリガーポイントが生じていたことに気が付きました。

トリガーポイントの発生しやすい身体箇所!
私はこの図全部に当てはまりました。
日々、この痛みが転移して繰り返し起こっていました。
defa4101

他の要因として思いつくのが
受験を控えた子育て中に親の介護や
仕事の人事異動で、まったく経験のない仕事を一から覚えなくてはいけない!
ストレスだらけの生活だったとのですね。

これでは、脳や神経がおかしくなるのは当たり前だったのです。

これからが私のヨガ道を追求していくきっかけになりました。

 

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

yj 健康器具レビュー

maruta040
 


 もし体に痛みを抱えていたら、こちらでお話をお聞きします
 お電話とメールどちらでも可能ですよ

maruta001
 
※電話は出られないタイミングがあるので、その時はゴメンなさいね
maruta002
maruta003
→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

関連記事

  1. 未分類

    睡眠不足から起こる様々な病気!!

    多摩市聖蹟桜ヶ丘で首コリ・肩こり・肩甲骨痛を丸太棒で改善する方法を…

  2. 未分類

    ヨガ仲間とスタジオにて勉強会!!

    『ヨガ仲間とスタジオにて勉強会!!』をしました。各自がいろんな能力…

  3. 未分類

    身体に取り入れる食物が自分の身体を作るということ

    首コリ・肩こり・肩甲骨痛を丸太棒で改善する方法をお伝えしている川村で…

  4. 未分類

    自分に向き合うヨガ『出来ない自分から出来る自分へ変身しよう!』講座開催

    『出来ない自分から出来る自分へ!』『シルシアーサナ 三転倒立への挑戦』…

  5. 未分類

    バストアップに効果あり|美BODYになる!鳩のヨガポーズ

    今日は 行きつけのスポーツクラブで、 ヒップホップのレッスンを受講後に…

  6. 更年期障害

    生理が終わったとしても、女性を捨てないでほしい~!!

    45歳から55歳の間が一般的な年齢で「更年期」と言われている時期です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP