体験事例|障害者の保育士の方の腰痛の悩み


yj この記事を書いた川村妙子プロフィールはコチラをクリック

yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

こんばんは。丸太ヨガの川村です。

今日は体験希望の方が、

急遽『ぎっくり腰になってしまいました。』と

携帯に連絡がありました。

詳しく話を聞いてみると

1か月前から腰が痛くて調子が悪い  とのこと。

このところ、暖かくなったり、寒くなったり

気温の変化が激しいので、

筋肉のコンディションも整いにくい時期です。

筋肉は、寒いと縮んで萎縮してしまいますので

冷やさないようにしないといけないですね。

特に中年以降は、冷えからくる血流の滞りがでやすくなります。

だれでも年齢を重ねてきて、

若い頃のように無理が利かなくなります。

今日いらした方は、40歳の障害者の保育士をしている方で、

中腰で、体を支えたりする仕事が多いそうで

腰に負担がすごくかかるそうです。

『急遽のぎっくり腰』ではないようでしたので、

腰と連動している部位への筋肉のコリほぐしを

指導しました。

普段、加圧ストレッチを受講しているので、

身体の動きは良い方でした。

丸太に乗って、

『指圧・マッサージ・ヨガの3つの相乗効果!!』

には満足していただけたようです。

その方の保育園の保育士の方は、

皆さん、腰痛でお悩みのようです。

その方は、この腰痛のために仕事を辞めなくてはいけないかな?

と悩んでいたそうです。

仕事できなくなったら死活問題ですよね!

そんな方のお悩みを少しでも解決できるように

出張ヨガを進めていくのに、良いきっかけをいただいたと思います。

進む選択が1つ増えました。

丸太を抱えて、行動していくきっかけ作りに

なりました。

7月から、出張ヨガをします。

企業へ、社員の心と体の健康のために行う

『オフィスワーカーのためのヨガ』

を行っていこうと思います。

これは、今まで自分が悩み苦しんで解決してきたものなので、

一人の人へでも、苦しみ悩みの解決が出来る

お手伝いが出来ればと思います。

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

marutabanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です