妊娠中のひどい足のむくみは異常サイン!


yj この記事を書いた川村妙子プロフィールはコチラをクリック

yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

この足の脛の凹みがすぐには戻らない!

5日前に姪に赤ちゃんが産まれました。
出産予定日より1ヵ月早まっての出産となってしまいました。
20日前に足のむくみがひどくてマッサージの方法を教えに行きました。
足が蝋のように白くて冷たい足で、指で押すと戻らない状態でした。
この凹みがすぐには戻らない・・・

120706_175827

姉が足湯のフットバスを購入し、温めたあと丁寧に時間をかけて
丸太でふくらはぎをコロジョロや手でのマッサージを毎日やっていたそうですが、
その場では、良くなっても
翌朝には、またパンパンにむくんでしまうとのことでした。
妊娠中は、薬などを飲むことはできませんしね・・・

でも、このむくみは『異常サイン』の警告でした。
既に妊娠中毒症の症状がかなりひどくなっていたようです。

突然の破水となり、救急車で運ばれたそうです。

緊急で、帝王切開術となったそうですが、
血液検査をしたら、異常なまでにヘモグロビンの減少があり

(通常は女性…11.4~14.6g/dlが正常値と言われていますが6.0まで下がっていたそうです。)

腎臓機能・肝臓機能・白血球も著しく低下していたそうです

破水していなければ、命を落としてしまうほどの危険な状態だったそうです。
赤ちゃんが母体を守るために、早く出てきてくれたのかもしれませんね。

どんなにマッサージしたりしても『ひどいむくみが改善しない場合』は

早めに血液検査をして、内臓機能の異常数値を確認したほうがいいですね。

『母子とも健康な出産であって欲しい!』と願っています。

赤ちゃんが成長して、お腹が大きくなってくると内臓を圧迫してしまいますから
内臓を圧迫しないように横向きに寝たりクッションをうまく使ったり
することも日常生活で、工夫してみてはいかがでしょう?

妊娠中でなくても、太鼓腹の人は内臓を圧迫していると思います。

 日常で出来る足のむくみ解消法!


足を心臓や内臓より高くしてあげることによって、
足先のむくみの水分が、腎臓の方に戻りやすくなります。

 

こんな眠り方もラクになり呼吸もしやすいと思います

images-1

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

marutabanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です