産後のママのヨガシリーズ6-1!睡眠不足解消『赤ちゃんとのお昼寝時間を活用しましょう!』


yj この記事を書いた川村妙子プロフィールはコチラをクリック

yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

睡眠不足解消『赤ちゃんとのお昼寝時間を活用しましょう!』

昼寝による疲労回復効果は、夜の睡眠の約3倍と言われています。

赤ちゃんと一緒にお昼寝を10分~20分してみてくださいね。

 

 

203

 

 

お昼寝の10分~20分は夜の睡眠時間の

昼間の10分~20分の眠りは
夜の2~3時間に相当する、とも言われているのです!!

この10分~20分は身体ではなく脳の睡眠(レム睡眠)ですので
昼寝後の脳がパッとすっきりする感じが得られます。
そして、眠気から開放されるだけでなく、
午後の家事がますます効率的になるのは言うまでもありません。
たかが10分~20分ですが、されど10分~20分。
まさに、あなたの人生を変える10分~20分になります。

 

せっかくの昼寝の効果、効率的にゲットしていきたいものです。

それには、いつ寝ればいいの?何分くらい寝ればいいの?

  1. ベストなのは10分~20分(寝すぎると夜に眠れなくなります)
  2. 最適なタイミングは13時~14時
  3. 午後3時以降は昼寝しない

脳と体を休ませて活力を回復させること!!

☆ 睡眠不足だと集中力もなくなるし、

☆ イライラの原因にもなります。

☆ なんと太る原因にもなると言われてます。

 

ちょっとしたことでイライラして、

泣き止まない赤ちゃんに、怒鳴ったりするのは可哀想です。

赤ちゃんは、泣くのが仕事ですからね。

 

短時間でも効率よく昼寝すれば、頭も身体もすっきりとして、

育児にも家事にも少し余裕が生まれると思いますよ。

授乳期の子育て中は、多少家が散らかっていても

片目をつぶって見ないようにしましょう。

ゴミで人間は、死んだりはしませんからね。

 

夫にも育児の大変さをたまには経験させてみましょうね~

家事が出来ない理由が、きっと理解してもらえるはずです。

 

私がヨガの良さに出会ったのは
シャバアーサナ(屍のポーズ)を知ってからです。

o0480048012921621012

身体を休めること・リラックスさせることが

忙しい現代人にはとても必用な事と知ったからです。

『何もかも丸投げして、無になること』の

心地よさを知ってからは、お昼寝やシャバアーサナが大好きです。

 

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

marutabanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です