【試して!】更年期障害で起こる股関節痛の原因と対処法


yj この記事を書いた川村妙子プロフィールはコチラをクリック

yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

更年期は筋肉が萎縮する。


更年期になると本当に身体の筋肉や関節周りが萎縮していくのを日々感じています。
でも、筋肉が委縮していると感じている人は少ないと思います。
ただ、あちこちが痛い・・・
身体が思うように動かない・・・
そんなふうに感じていないでしょうか?

頭痛・肩こり・背中周りの強張り、腰痛・足のむくみ・気持ちの落ち込みなどが
更年期症状として現れます。

私が、婦人科に相談に行ったときに質問しました。
『筋肉がどんどん萎縮して縮んでいく感覚があって辛いです。』

と訴えましたが、

『そんな質問をした人は初めてですよ!』
『そんなことがあるわけないじゃないですか!』 
と冷たい言葉を返されました。

お医者さんて、人の痛みや辛さを改善したり
治療したりしてくれるはずなのに
同性の女医さんから言われた言葉には傷つきました。

閉経後からくる女性ホルモンのバランスが崩れてきて身体がバランスを取るのに、

『身体がどうしていいかわからない誤作動を起こしている!』
そんな状態なんです。
 
 

更年期は、女性にとって
『これからの自分の生き方を考える境界線となる時期』


更年期は、女性にとって 『これからの自分の生き方を考える境界線となる時期』なのでしょう。

子育てが終わり、自分の役目が終わった時に
誰からも必要とされない寂しさを感じる『空きの巣症候群』などとも呼ばれています。

もう子育てから解放されたら自分の人生を楽しむことにフォーカスしましょう。

『これからの自分がどう生きるか?』を考える時期なのだと思います。

そんな時は、リラックスして、自分を見つめる時間を大事にして欲しいと思います。

痛みや辛さばかりに目を向けると

『脳が痛い・辛い!という認知をしてしまう!』そうです。
痛みが、いつも自分にあるという心の持ち方や精神状態が当たり前になってしまう状態です。

 
これからは、どうしたら自分が幸せに暮らせるか?
 
・自分が楽しみたいことは何か?

・何をしていると幸せ感を感じるか?
 
そんな方に気持ちをシフトしていくほうが、
 
『身体も心も喜ぶ!生き方を考えてみると良い』と思います。

試してほしいのが『股割』

 

『丸太ヨガクラス』は、自分の身体の強張りや痛みを発見して、自分の悪いところを見つけ出し

その痛みやコリを追放していく時間としてレッスンしています。

皆さんは、心も身体も解放されて、超リラックスの時間を過ごしていただいています。

終ったあとは、『あー、身体がとてもラクになった~』 とお帰りいただきます。

『更年期障害』『幸年期生涯』に変える!!

ブログをお読みいただいている方に試してほしいのが『股割』です。

お相撲さんが四股を踏む ポーズ ですが、更年期の時期は、うち腿である、内転筋の萎縮がひどくなるので、

お相撲さんよりマイケルジャクソンになった気分で、このイラストのようにポーズを決めましょう!

『フォーッってね!!』

t02200287_0765099812627425203

やるなら、かっこよくやろうよね!!

 

股割の詳しいやり方

・足を腰幅より広めに開く
・膝と爪先が必ず同じ角度で開くこと
 (女性は内股になり、膝が捻れた状態になりやすく
  膝を痛める原因になります。)
・ゆっくり息を吐きながら 尾骨を床に真下に降ろしていきます。
(お尻が引け腰にならないように)
・息を吐ききったら膝を伸ばしながら息を吸う
・数回繰り返しましょう

・胸の前で手を合掌し 肘で膝を外に押し広げていくと
 『ヒヨコのポーズ』になります。

私は、洗濯物をたたみながら日々、
四股ふみストレッチや開脚をしてます。

下記をクリック
  ↓
過去の記事に股関節の動きを良くする動画をUPしています。
  ↓
股関節が硬い・痛い・引っかかる感じでゴリゴリ・ギシギシと音が鳴るような方にオススメです。『コマネチマッサージ法』

股割も辛いという方は、股関節や内腿の関節・筋肉を動かしやすくする方法を
お伝えしますので、体験会にお越しくださいね。

 他にも更年期障害の悩みを書いているかたのブログなどUPします。

参考ブログ

更年期の体の痛み

 

【動画解説】股関節の痛みでお悩みの方に 『自分で改善する方法!』その1

【動画解説】股関節の痛みでお悩みの方に 『自分で改善する方法!』その2

 

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

marutabanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です