足(足のむくみ・足裏の痛み・リンパ浮腫)

ふくらはぎが硬いのは血流が悪い・冷えすぎ・疲労を溜め込みすぎ!


yj 丸太ヨガ体験会スケジュールを見るにはコチラをクリック

marutabanner

東京で『丸太ヨガ』を広めている川村です。

あなたのふくらはぎが硬くないですか?

触ってみて硬くないですか?

ふくらはぎは、第二の心臓と言われているのを御存知ですか?  

足の冷えや浮腫みはないですか?

 

『ふくらはぎの筋肉って、普段はマシュマロのように柔らかくて

モチモチした感じがベストなんです。』

普段は柔らかくてしなやかですが

運動でジャンプしたりして、その瞬間にカチッと硬くなり

威力を発揮できる筋肉にしておくのが、一番良い状態です。


ふくらはぎが硬くなると血流が悪くなり

心臓へ血液が戻りにくくなります。

『要は循環が悪いのです。』

それは、血管が硬くなってしまうのが原因です。
血管が硬くなる理由として

 

1・食生活の乱れ!

揚げ物や甘いもの、食べ過ぎ、アルコールの取りすぎなどが
ずっと続くと、血管の中に厚い壁ができてしまいます。
血中に脂肪が蓄積されてしまいます。
それが、血液の流れを悪くしてしまいます。

2・そして運動不足!

運動をしないと、血液が停滞してしまいます。
1日20分程度の汗ばむ程度の軽い運動が
血液の流れを良くするのに効果があります。

3・運動のし過ぎ


運動のし過ぎも乳酸という疲労物質を溜め込んでしまい
翌日にひどい筋肉痛になったりします。
それを溜め込みすぎると大きな怪我に繋がります。
痛みやコリ・疲れを感じたら早めにケアをすることが大切です。

アスリートの方は、特に注意して欲しいです。
『肉離れやアキレス腱断裂、ぎっくり腰』な
どの痛い目にあいます。

『イメージとして考えて見てくださいね!』

川が上流から下流へ水が流れるのが自然の流れなのですが、
堰き止めてしまうゴミなどがあると
滞って流れが悪くなってしまうのですね。
さらさらと流れが良いのが、良い状態なのです。


血液の汚れ・ドロドロを失くすように生活習慣を切り替えることが非常に大事です。

人間の血管・血液も同じイメージで考えてくださいね。


ドロドロの状態の血管や血液の状態で、
激しい運動をしたりすると
血管内にあるコブ(動脈瘤とか血栓)が剥がれてしまい血管を詰まらてしまい
脳梗塞や心筋梗塞などの原因にもなってしまいます。


なので、軽いウオーキングや、スロートレーニング・ストレッチ
、ヨガなどが良いと言われています。

激しい運動をし続けると、逆に乳酸という
疲労物質が溜まり、血液の流れが悪くなってしまう!
これが『筋肉痛』のメカニズムです。

なので、激しい運動をするときには、
運動前のウオーミングアップと運動後のクールダウンが必要になってきます。
筋肉痛にならないようにふくらはぎを
よく伸ばしてあげるストレッチやヨガが必要なのですね。

『ふくらはぎのこんなところに疲れが溜まりやすい!』ので
ご自分の指で押してみてください。

『あーっ・痛い』って思う・感じるはずです。

 

IMG_1209

頑張りすぎたら緩めること~

ヨガの教えで学んだことですが

『緊張と弛緩・陰陽・表と裏・光と影・男と女・太陽と月』など


相反するものが中庸となるようにすること!!
頑張ったら緩める!!
怠けていたら身体を動かす・行動すること!!

 

すべてにおいて陰陽バランスが大事ですね。

→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

 ご案内

 

yj 健康器具レビュー

maruta040
 


 もし体に痛みを抱えていたら、こちらでお話をお聞きします
 お電話とメールどちらでも可能ですよ

maruta001
 
※電話は出られないタイミングがあるので、その時はゴメンなさいね
maruta002
maruta003
→トップページに戻る
→ブログの新着記事一覧を見る

関連記事

  1. 足(足のむくみ・足裏の痛み・リンパ浮腫)

    写真解説|足のむくみや疲れを解消する方法

    こんばんは、丸太ヨガの川村です。 昨日にレッスンにお越しいた…

  2. 足(足のむくみ・足裏の痛み・リンパ浮腫)

    ふくらはぎが硬いのは血流が悪い証拠

    あなたはふくらはぎが硬くないですか?今日『丸太ヨガの体験に…

  3. 足(足のむくみ・足裏の痛み・リンパ浮腫)

    足裏健康法を学びました。

    毎月1回定例会で、 仲間とツボ押し、マッサージ、丸太ヨガなど いろんな…

  4. 健康器具レビュー

    土踏まず・踵の強張り対策|木球

    最近、寒くなった影響でしょうか?昔の古い怪我が疼きだしました。 『…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP